【2022年1月15日開催!きもつき熱中小学校】

Category:
お知らせ

contents section

●1時限目
【小谷あゆみ先生】
兵庫県出身・石川テレビ放送アナウンサーを経て、2003年からフリーアナウンサーに。野菜をつくる「ベジアナ」・農業ジャーナリストとして、全国での取材や講演活動を通して農業の魅力を伝えている。
火山灰が好きという小谷先生。鹿児島県民にとって桜島の火山灰は厄介なもの。しかし、先生は地域の課題こそが宝であり、資源であると言います。
鹿児島の桜島小みかんの木に灰をよけるためのシートがかけられている事や、お墓が灰で汚れないよう屋根が付いているのを見て大変感動したそうです。
「恵みと災いは紙一重」本当にそうだと思いました。自然と共に生きる私達の暮らしの中で、その土地を守る為にそこで暮らす人々が知恵を絞り、工夫して毎日生活しています。お墓に屋根がある事も文化なのです。
普段見慣れている風景も他県の方々にとっては、決して当たり前の事ではなく、珍しい事だったり、感動するというのは鹿児島の私達にとっても、面白い発見です。
小谷先生は、JA世田谷目黒で体験農園等も行っています。農業を体験する事で、感動が生まれ、理解し、農をリスペクトする事ができるようになる。消費者から作る喜びを知る人へ。
先生の農を通した活動で、これまで農に関わっていなかった人々が、農に関わるようになれば、少しずつでも世界は変わっていくのではないかと希望が持てました。
また、農体験でストレスが軽減し、幸福度が増すという嬉しいデータも!コロナ禍で、何か新しい事を始めてみたいという方も多いかもしれません。
是非皆様も自然の恵みを感じながら、土に触れ、命が見える農ライフを送ってみてはいかがでしょうか?
今日がお誕生日だった小谷先生!授業の始まりにはサプライズで、受講生皆でハッピーバースデーを歌いました。
先生の明るい笑顔と、農と共に生きる生活の魅力が伝わる素敵な授業でした。小谷先生ありがとうございました。

「笑花 2022/1/15(土)今日は、大人の学び舎「きもつき熱中小学校」@necchukimotsuki で司会でした。」より
Category:
お知らせ