第4期受講生募集中!!

contents section

熱中小学校は、『もういちど7歳の目で世界を・・・』をテーマに全国で活躍する一流の起業家・経営者・大学教授らが先生となって授業を展開する”学びたい大人の社会塾”です。

きもつき熱中小学校は鹿児島県唯一の熱中小学校として、新しい出会いと学びの場を提供してきました。新しい物事を見て、新しい世界を表現していく。あなたも仲間になりませんか?

11月19日(土)オープンスクールが開催されます!!

会  費:無料
募集人員:約50名(オンラインは100名まで)
参加資格:高校生以上であればどなたでも
会  場:肝付町旧川上小学校
運  営:肝付町/NPO法人きもつき情報化推進センター
電話番号:0994-68-8550
メ ー ル :info@necchu-kimotsuki.com

第4期 オープンスクール授業

11月19日 第4期 オープンスクール

松永 太郎 先生

松永 太郎(まつなが たろう)先生
演出家 『ヒメとヒコ』

(株)ニライスタジオ代表取締役、演出家
1974年志布志市松山町生まれ
筑波大学大学院を修了後、沖縄に移住。地元の伝統芸能を現代風にリアレンジした現代版組踊の立ち上げに携わる。鹿児島に戻ってからは鹿屋市の高校生ミュージカル「ヒメとヒコ」や、沖永良部の「えらぶ百合物語」、龍郷町「KIKUJIROU」など地域の歴史を題材とした青少年のミュージカルを手がける。第30回国民文化祭かごしま2015では総合開閉開式の演出を担当。

坪田 知己 先生

坪田 知己(つぼた ともみ)先生

情報哲学者

岡山県岡山市出身、岡山大安寺高校、
東京教育大学を経て、1972年日本経済新聞社入社。
大阪、名古屋、東京で社会部、産業部の記者。
日経BP社『日経コンピュータ』副編集長、マルチメディア局企画開発部長、電子メディア局次長、日経デジタルコア事務局代表幹事、日経メディアラボ所長を歴任。
2003年から6年半。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特別研究教授を兼任。
日経のインターネット戦略の策定を主導、「日経・電子版生みの親」と呼ばれる。
2009年に定年。地域づくりに参画する一方、日本の国語教育の改革をめざし、2011年に文章講座を始め、これまでに約2000人を指導した。
著書に『21世紀の共感文章術』『サービス文明論』『人生は自燃力!』など。趣味は料理とバイクでのツーリング。


12月17日 第4期 第1回

冨田 さとこ 先生

冨田 さとこ(とみた さとこ)先生

日本司法支援センター(法テラス)
本部国際室長/常勤弁護士

大学在学中に司法試験合格。2006年、日本司法支援センター(法テラス)の業務開始と同時に、新潟県佐渡市に赴任して法テラス佐渡の初代所長を務める。その後、法テラス沖縄経て退職。米国に留学し刑事政策修士課程を修了。国際協力機構(JICA)とネパール最高裁判所によるプロジェクトのチーフとしてカトマンズにて活動した。2018年3月、法テラスに復職し現在に至る(広報・調査室、犯罪被害者支援課を経て国際室)。

長澤 秀行 先生

長澤 秀行(ながさわ ひでゆき)先生

帯広畜産大学 学長/とかち熱中小学校 校長

1954年北海道旭川市生まれ。馬の獣医師を目指して帯広畜産大学に入学。獣医師免許を取得したが獣医療に自信が無く、80年に徳島大学へ進学し、寄生虫免疫学の研究に従事。95年に研究の場を母校に移すも、いつの間にか大学経営が専門となり、副学長を経て2008年に学長就任。16年にとかち財団の理事長に就任。19年8月には帯広市に新たな事業創発拠点「LAND」をオープン。2022年4月、帯広畜産大学の学長に再任。小樽商科大、北見工業大と経営統合し、新たな運営法人となる北海道国立大学機構(帯広市)を発足。国立3大学の統合は全国でも初の例となる。学生時代から始めたラグビーは現在も現役。


1月21日 第4期 第2回

永山 由高 先生

永山 由高(ながやま よしたか)先生

鹿児島県 日置市長/エアギタリスト
「世界一の鹿児島をつくろう」

鹿児島県日置市長。1983年生まれ。東市来中学校→鶴丸高校→九州大学法学部を経て日本政策投資銀行へ。リーマンショックが契機となり退職後、2009年にUターン。地域シンクタンクを創業して10年間経営し、移住ドラフト会議などの各種企画を発案。趣味のエアギターでは2018年に日本ランク2位に入る。2021年5月より現職。

須部 貴之 先生

須部 貴之(すべ たかゆき)先生

(有)すべ産業

1978年生まれ。明海大学(千葉県浦安市)不動産学部不動産学科卒。ディズニーリゾート、ファーストリテイリング勤務を経て、2002年より三井不動産グループにて東京、福岡で11年勤務する。2013年6月に鹿児島へUターンし、人口減少問題、空き家問題、地域コミュニティ衰退の現状を目の当たりにし、現在は不動産業をしながら地域コミュニティ活性化活動に取り組んでいる。イベントを地域で開催し、これからの社会で必要なことを地域で学ぶ人財育成プログラムを構築している。


2月18日 第4期 第3回

宮原 博通 先生

宮原 博通(みやはら ひろみち)先生

(株)和のくらし文化研究所 所長/
前宮城大学事業構想学部教授

芝浦工業大学建築学科卒業後、大手建設会社に入社し、数多くの地域活性化プロジェクトを手がける。都市や農村の活性化に向けた事業計画の立案から実施にいたるまでの事業のトータルデザインとプロデュースを得意分野とする。県立宮城大学において、事業構想学部教授として「プロジェクトデザイン」「開発計画」などについて教鞭をとる。現在は高畠町に軸足を置き各地で先人の知恵と大地の恵みを取り込んだ自然体のまちづくりに取り組んでいる。熱中小学校では、持続可能な社会の担い手の人材を育くむことに情熱を傾けたい。

岸田 徹(きしだ とおる)先生

岸田 徹(きしだ とおる)先生

株式会社ネットラーニング代表取締役会長

1966年東大経済学部卒業 1977年東大大学院経済研究科博士課程修了 出版社などをへて、 1991年セコム新事業開発室長 1998年ネットラーニング設立 現在、ネットラーニングホールディングス、ネットラーニング、wiwiw、Phoenix Consulting、明香信息諮詢公司など各社の代表取締役
熱中小学校のサマースクールで’ネットで変わる学習’の招待講演を行う。

3月18日 第4期 第4回

西澤 隆 先生

西澤 隆(にしざわ たかし)先生

3Dインスティテュート・ジャパン ヘッドインストラクター兼 キャラクター・コーチ

1977年生まれ。東京都出身。キャラクターコーチ。柔道整復師。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科(スポーツ科学修士)。マニー・ラミレス選手専属トレーナー、マット・マートン選手野球教室トレーナー、トレイ・ヒルマン氏通訳兼アシスタント、MLB球団アシスタントスカウトを経て、日本スポーツ協会、日本水泳連盟、日本自転車競技連盟や教育委員会などを中心に安心安全の指導環境作りと体罰に頼らず選手を動機づけて支援する指導者の育成をテーマに活動。現在、日本スポーツ協会コーチデベロッパー、3Dコーチングジャパンヘッドプレゼンター


参加を希望する場合は、NPO法人きもつき情報化推進センター(0994-68-8550)へ電話で申し込みください。