Category

過去の授業

  • 11月14日(土) 原田 英男 先生「体感する熱中」

    原田 英男 先生 一般財団法人 畜産環境整備機構 副理事長 「体感する熱中」 元農林水産省畜産部長、現一般財団法人畜産環境整備機構副理事長。1956年東京都生まれ。北海道に憧れて北海道大学入学。農学部農学科卒。1980年農林水産省入省。畜産畑を中心に転々とする。牛肉自由化やBSE、口蹄疫、鳥インフルエンザ、原発事故などの対応を経験。日本のチーズと畜産物、ワインをこよなく愛し、勝手に宣伝活動を行う。宮崎こばやし熱中小学校校長、肉肉学会理事長。

  • 11月14日(土) 若宮 正子 先生「私は創造的でありたい」

    若宮 正子 先生 「私は創造的でありたい」 1935年東京生まれ。60歳からパソコンを独学で習得し、81歳となる2016年秋からiPhoneアプリの開発を始め、翌2017年2月にゲームアプリ「hinadan」をリリース。2017年6月には米国アップルによる世界開発者会議「WWDC 2017」に特別招待され、ティム・クックCEOから最高齢プログラマーとして紹介され一躍注目を集める。安倍政権の看板政策「人づくり革命」の具体策を検討する「人生100年時代構想会議」の最年長有識者議員に就任。2018年2月にはNY国連本部の社会開発委員会のイベントでスピーチを行う。

  • 10月17日(土) 中村 寛治 先生「動画が伝える! 熱中小学校が10倍わかる「動画力」講座」

    中村 寛治 先生 株式会社ヒューマンセントリックス代表取締役 「動画が伝える! 熱中小学校が10倍わかる『動画力』講座」 福岡県北九州市出⾝。佐賀⼤学を卒業後、1990年より⽇本サン・マイクロシステムズの営業として活動。1996年より⽇本オラクルに移籍、九州、⼭⼝、沖縄の責任者である⻄部⽀社⻑を経て 2004年6⽉に、⼈中⼼という企業理念を社名したヒューマンセントリックスを創業。外資系IT企業の営業現場で培ったノウハウをベースに、企業向け「動画プレゼンテーション」というこれまでになかったサービスを開始。⼤⼿企業を中⼼に1300社、2万本以上の動画の企画、制作に携わり、国内トップレベルの実績を有する。創業以来14年連続増収。 熱中⼩学校では「これが動画⼒です︕」を座右の銘に授業を⾏う。

  • 10月17日(土) 覺正 寛治 先生「もういちど7歳の目で世界を・・・」

    覺正 寛治 先生 人材育成コンサルタント 「もういちど7歳の目で世界を・・・」 元厚⽣労働省⿅児島労働局⻑。1952年⽣まれ ⼤阪府出⾝静岡⼤学法経学専攻科を修業の後、労働省(現厚⽣労働省)に⼊省。労働基準監督官として⼭形や会津などで勤務するほか、本省では「地下鉄サリン事件」や「阪神淡路⼤震災」などの労災認定も担当。熱中⼩学校では、欧⽶⼈と⽇本⼈との勤労倫理観の相違からみた「はたらく」ことの意味、⼈間は誤りを犯す動物という視点からのヒューマンエラーの防⽌、など「はたらく」ことにまつわる元気とやる気の出る話をわかりやすくお伝えします。

  • 11月14日(土) 原田 英男 先生「体感する熱中」

    原田 英男 先生 一般財団法人 畜産環境整備機構 副理事長 「体感する熱中」 元農林水産省畜産部長、現一般財団法人畜産環境整備機構副理事長。1956年東京都生まれ。北海道に憧れて北海道大学入学。農学部農学科卒。1980年農林水産省入省。畜産畑を中心に転々とする。牛肉自由化やBSE、口蹄疫、鳥インフルエンザ、原発事故などの対応を経験。日本のチーズと畜産物、ワインをこよなく愛し、勝手に宣伝活動を行う。宮崎こばやし熱中小学校校長、肉肉学会理事長。

  • 11月14日(土) 若宮 正子 先生「私は創造的でありたい」

    若宮 正子 先生 「私は創造的でありたい」 1935年東京生まれ。60歳からパソコンを独学で習得し、81歳となる2016年秋からiPhoneアプリの開発を始め、翌2017年2月にゲームアプリ「hinadan」をリリース。2017年6月には米国アップルによる世界開発者会議「WWDC 2017」に特別招待され、ティム・クックCEOから最高齢プログラマーとして紹介され一躍注目を集める。安倍政権の看板政策「人づくり革命」の具体策を検討する「人生100年時代構想会議」の最年長有識者議員に就任。2018年2月にはNY国連本部の社会開発委員会のイベントでスピーチを行う。

  • 10月17日(土) 中村 寛治 先生「動画が伝える! 熱中小学校が10倍わかる「動画力」講座」

    中村 寛治 先生 株式会社ヒューマンセントリックス代表取締役 「動画が伝える! 熱中小学校が10倍わかる『動画力』講座」 福岡県北九州市出⾝。佐賀⼤学を卒業後、1990年より⽇本サン・マイクロシステムズの営業として活動。1996年より⽇本オラクルに移籍、九州、⼭⼝、沖縄の責任者である⻄部⽀社⻑を経て 2004年6⽉に、⼈中⼼という企業理念を社名したヒューマンセントリックスを創業。外資系IT企業の営業現場で培ったノウハウをベースに、企業向け「動画プレゼンテーション」というこれまでになかったサービスを開始。⼤⼿企業を中⼼に1300社、2万本以上の動画の企画、制作に携わり、国内トップレベルの実績を有する。創業以来14年連続増収。 熱中⼩学校では「これが動画⼒です︕」を座右の銘に授業を⾏う。

  • 10月17日(土) 覺正 寛治 先生「もういちど7歳の目で世界を・・・」

    覺正 寛治 先生 人材育成コンサルタント 「もういちど7歳の目で世界を・・・」 元厚⽣労働省⿅児島労働局⻑。1952年⽣まれ ⼤阪府出⾝静岡⼤学法経学専攻科を修業の後、労働省(現厚⽣労働省)に⼊省。労働基準監督官として⼭形や会津などで勤務するほか、本省では「地下鉄サリン事件」や「阪神淡路⼤震災」などの労災認定も担当。熱中⼩学校では、欧⽶⼈と⽇本⼈との勤労倫理観の相違からみた「はたらく」ことの意味、⼈間は誤りを犯す動物という視点からのヒューマンエラーの防⽌、など「はたらく」ことにまつわる元気とやる気の出る話をわかりやすくお伝えします。